エトネは、スペイン南部で生まれたスペイン革製品のブランドです。

持っていてわくわくする、やっぱり素敵、すごく便利、そう何度も思う商品を作りたいとの強い思いで作られました。

柔らかく、吸い付くようなしっとりとした革、誰もが知るスペインのラグジュエリーブランドを仕立てる確かな腕を持つ職人、スペインの太陽からインスピレーションを得たデザイン。どれひとつとっても妥協のない、持っているだけでうれしくなる商品です。

 

個性的な染料染めオイルレザーを使用

ノートカバー式クラッチバッグ ラウンドジッパー スペイン製 イタリアンレザー使用の手作り財布

いつも身に付けているお財布やバッグだから何度手にしてもやっぱり素敵、そう思えるものを持ってほしい、そう考えて着目したのが革です。さわり心地、発色、耐久性、これらを満たす革にイタリアで出会えるまでに3年かかりました。時間をかけてもみほぐし、オイルをたっぷり含ませた革に染料で色を染み込ませて作る革は透明感があり、風合いある繊細な色を出し、しっとりと手に馴染む優しいさわり心地なのです。詳しくは革の特集ページをご覧ください。

 

軽さを追求

細かな作業を丁寧にほどこし、軽さを実現させた熟練の技

私たちは軽さにもこだわっています。「え!これは本革?」と手にした方のほとんどが実際に声を上げて驚いていただけます。技術を使って、気持ちよく身に着けられる軽量性が特徴です。

 

驚いてほしい

étonné(エトネ)は「おどろき」という意味です。地中海をイメージした明るいデザインに驚いっていただき、軽さ、仕立ての良さ、肌触り、全てが今までの革製品と全然違う、そう驚いていただきたい思いからétonnéが誕生しました。名前の由来はこちらに詳しくご紹介しています

 

手作りにこだわるもう一つの大切な理由

私たちが手作りにこだわるのは、品質、軽さ、デザインを追求する結果でもあるのですが、実はもう一つとっても大切な理由があります。それは動物への感謝です。

持続可能な革このも
一つ一つ無駄なく手作業でカットします

オートメーションで革製品を作る場合、作業を効率化するために革の中央部分だけを使って残りを廃棄してしまう場合が多いです。でも残りの部分も大事な革。耐久性が強い部位や、風合いが出ていい発色をしている部位などたくさん廃棄されてしまうのです。エトネは、動物への感謝を込めて、できるだけ廃棄が少なくなるようにカットするところから一つ一つ手作業をいたします。持続可能な社会を応援します。

 

お客様も、職人も、動物も笑顔に

手づくりには時間がかかりますが、一つ一つの作業を丁寧に行うことで笑顔が多くなる、そんなものづくりを心掛けています。

所在地

スペイン事務所     étonné oficina

Calle Sabang 1, Malaga 29010 Spain

 

日本事務所 エトネ・ジャパン

104 0054  東京都中央区勝どき3-2-3-401

info@etonne.es

080-9990-1229

デザイナー

SHIO

15歳より渡米、カリフォルニア州立大学でアートを学ぶ。デザインの仕事に従事。のちにスペインに移住しアンダルシアの南部の町で世界的ハイブランドの生産を委託されている小さな町との出会いをきっかけに革製品のデザイン・企画に携わる。エトネジャパン代表。

 

étonné エトネ

パートナー

MIGUEL G

スペインマラガ市生まれ。アートに携わり18歳でスペイン最大の祭りセマナサンタの神輿装飾に携わる。アートに精通している。étonné エトネスペインの代表。

 

職人

LOUIS

15歳より革製品の製造に従事。アンダルシアの村に生まれ育ち、Loewe ロエベなど誰もが知るハイブランドの革製品を作る工場で働きながら技を磨く。革の学校に通って学んだ技術ではなく、現場で様々なトップブランドの製品を30年以上作り続け、今ではトップ技術者として革製品製造の主任。エトネのパートナーとして工房で弟と製造を担当。

Louisの丁寧な仕事は「パスケースができるまで」にて特集しています。是非ご覧ください。

étonné Models

Jesus O

Sara
Agar Galea Barrena